出願フォローアップ講座

出願時に提出する業務経歴と業務詳細例、実は二次試験の合否を大きく左右することをご存知ですか?
苦労して突破した後の口頭試験の質問材料となるものが出願票の経歴と業務詳細です。
「この経歴のどこが技術士として相応しいのですか?」「書かれている内容は他の部門/科目だから今回は残念ですが・・」こんなことにならないように、出願時点でみなさんの経歴と業務内容を「技術士として相応しい」内容とすること、つまり「技術士として相応しい」とは何かを理解することが最初の一歩です。
出願フォローアップ講座は個人面談方式でみなさんの出願票を直接添削します。SUKIYAKI塾でも無料添削講座を開催しておりますが、SUKIYAKI塾東京のフォローアップ講座は45分/人の個人面談講座です。受験生のみなさんと直接お話しながらご自身の気づいていないご自身のエンジニアとしての強みや技術士としてふさわしい業務を一緒に見つけて行きましょう。

お申し込みはログインから。アカウントをお持ちでない方は新規登録をお願いします。
お申し込みに際して受講に際してご理解いただきたい項目、受講生情報の取り扱いについてをご確認ください。

出願フォローアップ講座
講座日時 4月1日(日)4月7日(土)
13:00-17:0014:00-18:00
このうち45分間をご連絡差し上げます
会場 池袋駅 東口
ルノアール マイ・スペース&ビジネスブース 池袋西武横店
5&7号室
講座内容 SUKIYAKI塾東京講師陣とひとりあたり45分の個人面談による出願票の添削指導
部門・科目 総監部門を含む全部門・科目

当日の講師の部門・科目は下記をご覧ください。
講師の部門と科目は講師の都合により変更・追加されます。随時更新しますので参考にしてください。
ご自身と講師の部門・科目が一致しなくても応募いただくことは可能です。担当講師は、必要に応じて講師間で事前に相談の上当日の指導を行います。
また受講生と講師の部門・科目は極力考慮しますが、人数の関係から必ずしも一致しない可能性があります。
上記ご了承の上お申込みください。

出席講師部門・科目

建設部門[施工計画、都市計画、道路、土質基礎]
機械部門[加工FA]
応用理学[物理及び化学]
経営工学[サービスM]
総合技術監理部門

3/9更新

出席講師部門・科目

建設部門[施工計画,建設環境,土質基礎,道路,New都市計画,New鋼コン]
機械部門[機械設計]
電気電子部門[電子応用,New情報通信]
環境部門[自然環境保全,New環境測定]
New情報工学部門[情報NW]
New森林[林業]
応用理学[物理及び化学]
総合技術監理部門

3/21更新

受講料 ¥3、500ー
募集期間
定員
3月9日(金)9:00〜講座1週間前21:00
(両日ともに)30名
※満席になり次第キャンセル待ち登録となります。
配布資料 当日の時間割
ホームページからログインして表示されるマイページからダウンロードが可能です。一週間前を目処に公開予定です。
出願講座のテキスト再配布はありません。

事前提出資料 出願票を講座一週間前までにマイページから提出ください
講師は事前に提出いただいた資料を読み込んで当日の指導に当たりますのでお早めの提出をお願いします。